ホーム > シルバー人材センターとは

シルバー人材センターの基本理念

シルバー人材センターは、自主・自立、共働・共助の基本理念のもとに確立された就業システムあり、会員自身が自主的に運営し、自立した組織として運営される団体で、互いに協力し、助け合いながら広く仕事を分かち合ってみんなで一緒に働こうという、人の集団を基盤として運営される公益社団法人です。

シルバー人材センターの設立目的

高齢社会の中で、健康で働く意欲のある満60歳以上の方が、知識や経験・技能等を活かし、任意的な就業を希望する高年齢者に民間事業、一般家庭、官公庁等から有償で引き受けた仕事を提供することによって、高年齢者の社会参加の機会と生きがいの充実を図るとともに地域社会に貢献することを目的として設立した公共性の高い公益法人です。

シルバー人材センターの法的位置づけ

シルバー人材センターは、会員の自主的組織である法人として位置づけされ、「高齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき、営利を目的としない公共的・公益的な団体です。シルバー人材センターは、会員の自主性を十分尊重するという趣旨から、団体としての形式は、人の結合を基盤として運営される公益社団法人方式を採っています。伊達市シルバー人材センターは国・福島県・伊達市の支援を受けて運営されています。

シルバー人材センターのしくみと就業システム

シルバー人材センターは、就職は望まない、知識や経験を活かして働き、何らかの収入を、社会のために役立ちたいという健康な高年齢者(登録会員)に、個々の能力と適性にあった臨時的・短期的な職業の場を提供しています。
仕事は、センターが請け負い、その仕事の紹介を受けた会員が、丁寧で質の高い仕事を(完了)します。

このページの先頭へ