ホーム > 入会のご案内

入会登録の流れ

◎条件
伊達市にお住まいの、原則として60歳以上の健康な方で、臨時的かつ短期的な就業又はその他の軽易な業務に就業する意欲のある方。

1 入会説明会への参加申し込み
本所で開催される説明会に参加の申し込みをしてください。説明会への参加申し込みは、「説明会申し込み書」で申し込むか、お住まいの各支所にお電話、窓口にて申し込みください。

2 入会説明会のご案内
説明会に参加申し込みをされますと、説明会の日時をご案内いたします。

3 入会説明会
入会説明会に出席し、シルバー人材センターの内容をご理解していただいた後に、役員面談を行います。

4 登録
役員面談の結果、シルバー人材センターの趣旨にご納得されましたら「入会申込書」を提出し登録していただきます。その際、登録料、保険料、互助会費をいただきます。

年会費・保険料・互助会費一覧はこちら

会員になると

1 健康のため、楽しみながら汗を流して働けます。
2 長年培った高い技術や豊な知識と経験を活かせます。
3 年金以外にもお小遣いが手に入ります。
4 仕事や同好会で新しいお友達を増やせます。

会員互助会

会員の福利厚生として会員旅行、グランドゴルフ、慶弔見舞いなどを行っています。

入会に関するQ&A

Q1.入会したらすぐに仕事ができますか
A1. シルバー人材センターはハローワークと違い、職業斡旋ではありません。お客様からの依頼に対し、会員の適性を判断し提供をします。これはあくまでも、強制ではありませんので、受ける・受けないは自由です。受けなかったからといって、次の仕事を提供しないと言うことはありませんので、気軽に考えてください。

Q2.どんな仕事が早くみつかりますか
A2. 一般作業(清掃・除草・農作業等)は、受注が多い仕事ですので比較的早く仕事に就ける可能性があります。また、特別な技能や技術、資格を必要とする仕事等も、受注次第で就業の可能性は高くなります。

Q3.ほかでも仕事をしていますが、センターの仕事と両立できますか
A3. センターは、職業生活を引退した高年齢者が自分自身の生きがいや、健康維持、追加収入を得るため、就業活動をする場です。
したがって、現在何らかの形で仕事(雇用や自営)をしている人は、原則として入会できません。入会後そのような状態になった人にも退会していただくことになります。 また、仕事でなくとも、定期的に決まった日に何らかの制限がある人も、入会はできますが、ローテーションによる仕事などは無理になりますので、おのずとできる仕事の範囲は狭くなります。

Q4.ひとつの仕事はどのくらいの期間働けるのですか
A4. センターの仕事は、センターと仕事発注者との契約が最長でも1年(年度末日)で終了します。それ以降は、再び仕事発注者との契約が締結され、それまでの仕事の状況や健康状態に問題がなければ、さらに仕事の提供をすることができます。 
しかし、センターでは就業上のルールを作り、なるべく多くの人に就業していただけるように就業配分をしております。

Q5.ローテーション就業について教えてください
A5. ローテーション就業は、1つの仕事を複数の人が交替で就業することを言います。センターの就業は、1人の会員で仕事をすることよりも、少しでも多くの会員に就業機会を広げるワークシェアリングを優先します。また、そうすることによって、突然の用事や体調不良により就業予定者が休む場合も、他の休みの人が補うことにより、仕事発注者に迷惑をかけずに仕事が続けられる利点もあります。

Q6.「給料」はいくら貰えるのですか
A6. 会員は雇用されて仕事につくものではありません。会員が働いたことに対する対価は、「給料」や「賃金」ではなく「配分金」です。配分金は就業内容によって違います。【お仕事を依頼する】内の「料金表」が1時間あたりの配分金となります。
配分金の支払いは、お仕事をされた月の翌月20日(土・日・祝祭日の場合は、その直前の金融機関営業日)に、ご本人のJA口座にお振込みになります。

Q7.就業現場に行く往復の交通費はどうなりますか
A7. 請負・委任の就業ですから、交通費は原則として配分金に含まれています。

Q8.センターで得た配分金の所得税はどうなりますか
A8. 配分金も基本的には所得税の対象となります。ただし、配分金は租税特別措置によって「雑所得」とみなされ、65万円の必要経費が控除されます。他の収入(年金など)も含めてこの金額以上の収入のある方は、確定申告をしなければなりません。配分金支払証明書を発行しておりますので、センターまでお問い合わせください。

Q9.センターで収入があった場合、厚生年金カットの対象になりますか
A9. 厚生年金保険給付における所得の制限の対象は、厚生年金に加入している事業から受ける給料、俸給、手当てなどの所得(標準報酬)だけですので、配分金はこのいずれにも該当しないため、老齢厚生年金の所得制限の対象となりません。

Q10.センターの仕事で就業中に事故があった場合、病院での対処方法を教えてください
A10.シルバー人材センターと会員との間には「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」によって雇用関係がないことから、労働関係法規「労働基準法、労働者災害補償保険法、労働者安全衛生法」等の一切の適用がありません。したがって、会員が就業中に負った傷害等もすべて自己傷害として、健康保険証によって治療を受けることになっております。 
なお、仕事中や往復途中の傷害事故はセンターで掛けております傷害保険の対象となりますので、速やかにセンターに連絡してください。

Q11.新しく技術を身につけたいのですが
A11.社会情勢や地域の就業ニーズ、会員の意向等を配慮して講習会を行っています。講習会のお知らせは、広報誌、地区班長を通じて通知にてお知らせします。
講習会は、就業ではありませんので配分金は発生しません。

このページの先頭へ